出産にはどんな方法がありますか

赤ちゃんを迎える準備●哺乳びん、乳首、びんブラシ●ブタ付きの大きめのポリバケッ(水か薄い石けん液をはり、汚れたおむつをつけておくと悪臭も防げます)●湯タンポ(プラスチック製のものがよいでしょう。使うときは布でくるみ赤ちゃんに直接触れないように離しておきます)●ガーゼハンカチこれを読んでいれば、出会った人はあなたから離れられないかも。どのような分娩方法で赤ちゃんを出産するかは、あなたがどの病、産院を選ぶかによって決まります。同じ病院内でかたや計画的無痛分娩、かたやラマーズ法ということはほぼありません。というのは分娩の方法というのは、病院の考え方に影響されることが多いからです。例えば高年出産即帝王切開と考えるか、できるだけ自然分娩による方法を採り、結果として帝王切開になるというのとは、その考え方に大きな開きがあります。では、どんな分娩方法があるのでしょうか、簡単に説明してみましょう。出産の方法を知っておくことは、よいことです。薬物を使って痛みをとる分娩一般に無痛分娩と呼ばれているもので、出産時の苦痛を薬を使って和らげようというものです。分娩の時期施設の状況、医師などによって、いろいろな方法がとられており、統一されてはいません。また、全身麻酔により、お母さんが意識のない間に出産を完了してしまう全くの無痛分娩という方法をとっているところもあります。薬による無痛分娩は正しく使えば、問題はないのですが、ときとして、子宮収縮が不良となったり、弛緩出血がふえるといわれています。これに対しては、分娩中やお産直後に静脈内点滴による静脈注射で防止につとめます。赤ちゃんに対しても麻酔法によっては薬が効いてしまいます。スリーピングベビーといって呼吸運動が充分にできなかったりとか、仮死の発生率が高くなることもあります。
出典元:

061l_72

Comments are closed.