結婚生活の可愛らしい世界

若い未婚の女性は多く夢をもっています。若い男もまた夢をもっています。ところでこのふたりが結婚したぱあい、多くの女性はもはや昔ほど夢を見ることをしなくなります。ところが良人の方はこの夢をすてきれないのです。結婚によって男は若き日の夢の全部を満足させることができないのです。男は仕事や金もうけや研究やそういった世界に夢をもちます。ところが、平凡な 良人の生活にはこの夢にこたえてくれるものが何ひとつありません。では良人がなにか研究に専念したらどうでしょう?あなたはおそらくこういうでしょう。◇ハルザックという小説家に、『絶対の探求』というむずかしい題の作品があります。幸福な結婚を十年以上つづけながら、その善良な良人が化学上の発明熱にとりつかれる話です。そして、この発明熱は、彼をして肢愛の妻も子供も家庭も、全部を放てきさせてしまうのです。良人はもはや倦怠のヶの字も感じません。けれども同時に、かれらの結婚生活はついに救いようのない悲劇におわるのです。この良人をして発明熱にとりつかせたものlこれもまた、結婚生活にたいする、いや人生にたいする、倦怠ではなかったでしょう‘か。とにかく中年の男性が、結婚生活の可愛らしい世界にたいして不感になり、さらに、なにかすばらしいものを、心のどこかで求めている、しかも、それが現実にはどうにも象たされない、これこそ、倦怠期にさしかかった良人の心理なのです。素敵な結婚相手を、見つけても結婚後に問題は発生した場合、ここに書いてあるように意外と改善に手間がかかります。気を付けましょう。


参考:安心出来る 出会系

DK151_L

Comments are closed.